1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち情報
  4. 空気感染とは

BLOG

ブログ

お役立ち情報

空気感染とは

こんにちは、アメジスト編集部です。今回は、空気感染について紹介したいと思います。

空気感染は主な三つの感染経路の一つ

ウイルスや細菌などの病原体は、さまざまな経路から私たちの口や鼻からのど(気道の粘膜)に入り込んだり,目の結膜から入り込んだりして体の中に侵入します。この感染経路は感染症の種類によって異なりますが、主には「飛沫感染」、「接触感染」、「空気感染」です。これ以外に、食品を介する感染、昆虫などの小動物が媒介する感染といった経路もあります。

空気感染とは

会話や咳やくしゃみをすると、口から細かい水滴(しぶき)が飛び散りますよね。この細かい水滴(しぶき)を飛沫(ひまつ)と言います。

この飛沫が空気中を飛行しているときに水分が蒸発などによって乾燥して、飛沫核という飛沫よりもさらに微小な微粒子となり、これは空気中を長時間浮遊できます。この飛沫核に病気の原因となる細菌やウイルスなどの病原体が含まれていた場合、それを吸入することにより感受性のある人の気道の粘膜から侵入し感染するのが空気感染(飛沫核感染)です。

飛沫は水分を含んでいるためそれなりの大きさ(5μm以上)と重さがあり、口から放出された後、1~2m程度飛んですぐに地面に落ちてしまいますが、飛沫核は水分を含まないので5μm以下と小さく軽いために空気中を漂い、広範囲に感染を拡げます。なお、空気感染する病原体は、「接触感染」や「飛沫感染」でも感染します。

空気感染するのはどんな感染症?

空気感染する感染症には、次のようなものが挙げられます。

・麻しんウイルス(はしか)

・結核菌

・水痘ウイルス(水ぼうそう)

ノロウイルスも、感染者の嘔吐(おうと)物や下痢便の消毒処理が甘いと、それらが乾燥した後に空気感染すると言われています。

主な三つの感染経路の中でも、空気感染する感染症は非常に少ない。

空気感染対策は?

N-95マスクの着用

マスクには「花粉対策用マスク」,「風邪・ウイルス対策用マスク」,「N-95マスク」など目的によって様々なものがあります。これらは、捕集を目的とする粒子の大きさにより、フィルタ部分の性能等が異なります。

家庭用マスクは「花粉症対策用」としては、約30㎛以上の粒子(花粉の粒子)を想定。「風邪・ウイルス対策用」は、約0.1㎛~約5.0㎛の粒子(細菌・ウイルスを含む飛沫)を想定しています。(マスクのフィルタ部分の捕集(ろ過)効果試験用の粒子はPFEで約0.1㎛、BFEで約3㎛、VFEで約1.7㎛となります。)

医療用マスクである「サージカルマスク」については約0.1㎛~約5.0μmの粒子を想定し、「N95マスク」は約0.3㎛の粒子(細菌・ウイルスを含む飛沫核)を想定しています。(サージカルマスクのフィルタ部分の捕集(ろ過)効果試験用の粒子はPFEで約0.1㎛、BFEで約3㎛、VFEで約1.7㎛となります。)

N95マスクとは?

空気感染を起こす病原菌は、0.5μm以下の飛沫核となり空気中を浮遊します。N95マスクは、最も捕集しにくいと言われる0.3μmの微粒子を95%以上捕集できることが確認されているマスクです。空気感染源を捕集し、着用者の呼吸器感染のリスクを低減するためにN95マスクを着用します。

顔とマスクの間にすき間があれば、フィルタを通らない空気を吸入することもあります。N95マスクは正しいサイズ選び,正しい装着,フィットテストを実施し、呼吸時に漏れがないか確認が必要です。

サージカルマスクとN95マスクの違い

サージカルマスク

【用途】①手術時に術者の飛沫が患者の術野に入らないようにする ②咳エチケット ③飛沫感染予防

【環境からの感染の防護】フィルタを通らない空気を吸入するため環境からの感染の防護性は限定的

【規格】わが国にはサージ力ルマスクの国家検定はない。 米国にはFDA(食品医薬品局)による検定がある

【フィットテストの必要性】不要

N95マスク

【用途】飛沫核に相当する0.3μmの粒子を95%以上捕集できる。それ以上のサイズの粒子も十分捕捉可能。 空気感染する疾患にかかった患者の病室に入室する際などに医療者が装着するマスク

【環境からの感染の防具】正しく装着できた場合には防護性は高い(ただし息苦しさを伴うため継続して正しく着用することは困難。弁がついているものは多少息苦しさが少ない)

【規格】米国のNIOSH(国立労働安全衛生研究 所)にてN95レスピレーターの検定あり。わが国では国家検定として防じんマスクDS2が同等の規格として存在

【フィットテストの必要性】要

ワクチンの接種

空気感染する感染症のうち、麻しん、結核菌、水痘にはワクチンが存在しますので、予防接種が有効です。

医療従事者の方は、これら空気感染する感染症の他、風疹、流行性耳下腺炎(おたふく)、インフルエンザ、B型肝炎などの予防接種及び抗体価の確認なども行い感染及び伝播させないようにされています。

新型コロナウイルスにはまだ有効なワクチンが存在しない中、従事されている医療従事者の方々に感謝します。

●関連記事「接触感染について」「飛沫感染(ひまつ)について」「エアロゾル感染について

●関連記事「マスクのパッケージに表示されているPFE・BFE・BFEとは

お出かけ先での手指の清浄に、便利な個包装
0.05%ベンザルコニウム塩化物溶液を含浸させたコットン「クレンジングコットン20

●ベンザルコニウム塩化物などの、新型コロナウイルスに有効な界面活性剤についての記事はこちら
新型コロナウィルスに有効な界面活性剤について

関連記事